「イケメン騎士を拾ったんだがどうしたらいい?」山田南平

バーで働くマキがある日帰ると甲冑を着た外国人が玄関先に倒れていた。言葉も文化も通じず、途方に暮れるマキだが、彼は自分を14世紀英国の騎士だと言い…?ワンコ系年下騎士×世話焼きバー店主、山田南平の人気連載・恋するMOON DOGスピンオフ

グラント

1318年に叙任された騎士
イングランドから転移?してきた

マキ

バーで働いている
面倒見が良いおかん的な存在

レビュー

山田南平先生の「恋するMOON DOG」スピンオフ!大好きな作品!
そちらの作品でマキはアキラの行きつけのバー店主として何度も登場していたので、スピンオフの主人公になるなんて嬉しすぎる

ある日、自宅前に鎧を身につけた外国人が倒れていた。面倒見の良いマキは彼を自宅に入れ、世話を焼くところから物語は始まる。何語を反しているのかもよくわからないため、バーに集う面々と協力しながらなんとか名前を聞き出すと同時に、彼のバックグラウンドを知り、困惑することに・・・

言葉もわからない、ましてや文化や歴史も違うグラントが発展した技術に驚きながらもマキや他の面々と仲良くなっていく姿が凄く可愛いし、何故グラントが初対面のマキに懐くのか、グラントのバックグラウンドの解釈など面白いです。

山田南平先生と言えば紅茶王子も好きなんですが、作画やストーリーは抜群の安定感があるので安心して読むことができます。だから、2巻がほんとに楽しみで仕方ない

気になった人は是非読んでみてね